many north, and south.

1981

a0338823_22151125.gif


清家冨夫(セイケトミオ)さんの写真展「Liverpool 1981」のギャラリートークに参加してきました。

会場は目黒のBlitz Gallery。初めて行くコマーシャル・ギャラリーで多少身構えていたのですが、入りにくいというような雰囲気は全くありませんでした。

作品は1981年、イギリスに滞在していた清家さんが、ビートルズ世代として「ミーハーな気持ちから」リヴァプールを訪れ、そこで出会った若者たちを撮影したものです。

当時のリヴァプールは不況の只中にあり、彼らが持っているものといえば「バス代の小銭だけ」だったそうです。

撮影は4日間、36枚撮りフィルムで16本。「写真的な理由はなかった。作品を撮るつもりもなかった」とのことでしたが、被写体と着かず離れずの間合いに、清家さんの眼差しを強く感じました。

将来がみえなくても底抜けに明るい二十歳前後の若者たちと、何の保証もないフリーの写真家として、毎日を必死に生きていたという30代後半の清家さん。

世代もちがい、共通の話題があるわけでもない。なぜ彼らは自分を受け入れてくれたのか。

「その頃、もし人に何かを感じさせるものが自分にあったとしたら、それは一生懸命さだったと思う」。

清家さんがリヴァプールを撮った1981年10月、その数ヶ月後に私は生まれました。
あと少しで私も当時の清家さんと同じ年代にさしかかります。

自分の人生を、一生懸命に生きているか。

80年代のリヴァプールの若者たちを通じて、清家さんの熱いメッセージが伝わってくるようでした。

ギャラリートーク後半に行われた質疑については、また次回に。

Canon EOS 5D Mark II / EF24-70mm F2.8L II USM

by mynas | 2016-10-02 22:17 | Canon | Comments(0)